娘の入園式に親はバタバタ、本人はウトウト…。

娘の入園式に行ってきました。入園式の日のために、何日も前から通園カバンや着替え袋、上靴袋などを作り、制服を合わせに行き、クレヨンなどの必要なものを買いに行きました。入園式前日には娘の制服の準備や提出書類などの最終チェック。カメラの充電・容量のチェック、親が着て行くスーツのアイロンがけなどの準備に追われていました。

もっと忙しかったのは当日の朝です。娘が寝ている間に化粧や髪型を整えて朝食の準備を済ませ、娘を起こしに行きます。なかなか起きない娘に、つい大きな声を出してしまいそうになりましたが、「今日は入園式、今日は怒ってはいけない」と自分に言い聞かせ、半分寝ている娘を抱っこしてリビングへ連れて行きました。

ゆっくり目覚めた娘に朝食を食べさせて、制服を着せ、髪をくくってさあ出発というときに「ママ、うんち出る」と。あるあるですよね。すべての準備が終わり幼稚園へ向かいました。新入園生は約50人、その保護者の方もいて幼稚園の周りはすごい人でした。

入園式が行われる遊戯室への入場のため、廊下で娘の手をつないで待っている間、娘は緊張している様子で私の手をしっかり握り、私がいろいろと声をかけてもじっと黙って下を向いていました。私も「式の途中で大声出したり動き回ったりしないだろうか、ちゃんと返事が出来るだろうか」と緊張していました。

入場し席について園長先生の話を聞いた後、いよいよ1人ずつ名前を呼ばれて返事をする時がきました。娘に「大きな声でお返事してね」とこそっというと「はい!」ととても大きな声で返事をしてしまいました。まだ誰の名前も呼ばれてないのに…。

進行していた先生が「今のお友達のように、元気に返事をしてください」と話され、会場にくすくすと笑いが起こりました。かなり恥ずかしかったです。そして1人ずつ名前が呼ばれ始め、ふと娘を見るとウトウトと眠りかけています。

なんとか起こそうとしましたが結局ダメで、名前を呼ばれたときには夢の中。返事はできませんでした。あんなに緊張していたのに寝れるって、子どもってさすがですよね(笑)そんなこんなで入園式は終わりました。これからこの幼稚園で、いろんな経験をし成長していく姿を楽しみにしたいと思います。

保存